節約と資産運用を考えるブログ

将来のために、節約と資産運用をはじめました。 まだまだ勉強中ですので、誤った情報があると思いますので、ご注意ください。

三菱マテリアル株式会社の財務データをご紹介します。


1.PLデータ
まずは、PLデータです。
三菱マテリアルPL

売上高は、2017年3月決算までは減少していましたが、2018年3月決算では増加しています。
営業利益・経常利益・純利益ともに、2017年3月決算までは減少し、2018年3月決算では増加しています。
経常利益が営業利益よりも多い点が特徴的ですが、営業外収益である受取配当金が多いことが原因のようです。


2.配当データ
次に、配当データです。
三菱マテリアル配当
配当金は、2年連続で大きく増加しており、2018年3月決算では80円となりました。
配当性向も上昇傾向ですが、2018年3月決算でも30%と高くはありません。
2018年3月決算で配当金が増加したのは、配当金の方針が変更されたからのようです。

「2017年度から2019年度を対象期間とする中期経営戦略期間中の利益配分につきましては、当社連結業績の変動時においても安定的な配当を実施することを重視し、配当金額は1株当たり年間80円とし、連結配当性向が25%を下回る場合は、25%まで一時的な増配または自己株式の取得を行う方針としております。」
「2018年3月期 決算短信」、5ページより引用。




3.BSデータ
次に、BSデータです。
三菱マテリアルBS
総資産は停滞傾向ですが、純資産はやや増加傾向です。
株主資本比率も上昇傾向で、2018年3月決算では33%になりました。


4.CFデータ
次に、CFデータです。
三菱マテリアルCF
営業CFは大きくプラス、投資CFはマイナス、財務CFはマイナスとなっております。
本業でお金を稼ぎ、投資や借金返済に回すという理想的な資金繰りと言えるのではないでしょうか。

2016年3月決算では財務CFが大きくマイナスとなっていますが、借入金の返済が原因です。
営業活動や投資活動の結果、887億円の収入となり、この収入を借入金の返済に充当したことなどにより、当連結会計年度の財務活動によるキャッシュ・フローは、1,204億円の支出(前期比782億円の支出増加)となりました。
「平成28年3月期 決算短信」、5ページより引用。

2018年3月決算では、投資CFが大きくマイナスとなっていますが、設備投資が原因です。
「当連結会計年度の投資活動によるキャッシュ・フローは、設備投資に係る支出等により、839億円の支出(前期比574億円の支出増加)となりました。」
「2018年3月期 決算短信」、5ページより引用。
2018年3月決算では営業CFが小さくなっており、フリーCFがマイナスとなっているのが気になるところです。


5.まとめ
純利益は各年度の特殊要因により増減していますが、営業利益は増加傾向となっています。
配当金が大きく増加傾向ですが、配当性向は50%未満ですので、まだ増加する余地はありそうです。
また、2020年期末決算までは、1株当たり80円の配当を継続する方針のようなので、配当の安定性も期待できます。


日本軽金属ホールディングス株式会社の財務データをご紹介します。


1.PLデータ
まずは、PLデータです。
日本軽金属PL

売上高は、やや増加傾向です。
営業利益・経常利益・純利益ともに、2017年3月決算では増加していました。
しかし、営業利益と純利益は、2018年3月決算では減少しています。
2018年3月決算で純利益が低くなった要因として、投資有価証券売却がなかったことと、和解金を計上したことがあるようです。
「前期に投資有価証券売却などの特別利益を計上していたことや、当期に和解金を計上したことにより、親会社株主に帰属する当期純利益は前期を下回りました。」
「平成30年3月期 決算短信」、2ページより引用。




2.配当データ
次に、配当データです。
日本軽金属配当

配当金は、増配傾向で、2018年3月決算では8円となりました。
純利益が増加しているため、配当性向は2016年3月までは低下していました。
2017年3月決算以降は上昇していますが、2018年3月決算でも28%と高くはありません。



3.BSデータ
次に、BSデータです。
日本軽金属BS

総資産は停滞傾向ですが、純資産はやや増加傾向です。
株主資本比率も上昇傾向で、2018年3月決算では37%になりました。


4.CFデータ
次に、CFデータです。
日本軽金属CF

営業CFは大きくプラス、投資CFはマイナス、財務CFはマイナスとなっております。
本業でお金を稼ぎ、投資や借金返済に回すという理想的な資金繰りと言えるのではないでしょうか。
特に、2016年3月決算以降の営業CFは大きくプラスとなっており、フリーCFもプラスになっています。
2018年3月決算では、営業CFが小さくなっているのが気になるところです。


5.まとめ
純利益は各年度の特殊要因により増減していますが、営業利益は増加傾向となっています。
配当金が増加傾向ですが、配当性向は50%未満ですので、まだ増加する余地はありそうです。


私なりの「キャッシュ・フロー計算書の見方」についてご紹介します。

この記事のポイント
  1. キャッシュ・フロー計算書とは、企業の現金の出入りを示している。
  2. 営業CFは、本業での稼ぎが分かる。
  3. 投資CFは、機械購入や工場新設などの投資活動に使った資金の出入りが分かる。
  4. 財務CFは、銀行からの借入や返済の状況が分かる。
  5. 「営業CFがプラス、投資CFがマイナス、財務CFが継続的にプラスでない」ことが企業の安定性を見るうえで大切。


1.キャッシュ・フロー計算書とは?

キャッシュ・フロー計算書とは、1年間の現金の出入りを示した表です。
省略してCF計算書などと表記することもあります。

キャッシュ・フロー計算書では、企業活動を3つに分けて、現金の出入りを表示しています。
  1. 営業活動によるキャッシュ・フロー
  2. 投資活動によるキャッシュ・フロー
  3. 財務活動によるキャッシュ・フロー


下の表は、株式会社バンダイナムコホールディングスのホームページ上で公開されているキャッシュ・フロー計算書の要約です。
CF

2017年4月から2018年3月の1年間で、営業活動で551億円の現金が入り、投資活動で633億円の現金が出て、財務活動で171億円の現金が出たことを示しています。
決算短信などに記載さ入れているキャッシュ・フロー計算書を見ると、さらに細かな内訳が分かります。
  • 固定資産取得による現金のマイナス額
  • 有価証券取得による現金のマイナス額
  • 固定資産売却による現金のプラス額
  • 長期借入による現金のプラス額
  • 長期借入金返済による現金のマイナス額



2.キャッシュ・フロー計算書でわかること
キャッシュ・フロー計算書を見ると、企業活動が現金の獲得につながっているかを知ることができます。

営業活動キャッシュ・フローは、企業の本業での稼ぎを表しますので、当然プラスが好ましいです。
営業活動キャッシュ・フローがマイナスである企業は、本業での現金獲得ができていないことを示しています。

次に、投資キャッシュ・フローですが、生産設備を更新したり、企業買収を行ったりした場合、現金が出ていくので、マイナスになります。

財務キャッシュ・フローは、借入金をすると現金が入ってくるので、プラスになります。
逆に、借入金を返済すると現金が出ていくので、マイナスになります。



3.長期投資で注意する点
長期的な投資先を探す場合、下記の点を注意する点があります。
  1. 営業CFがプラスか?
  2. 投資CFがマイナスか?
  3. 財務CFが継続的にプラスになっていないか?
営業CFは本業での稼ぎなので、最重要ポイントです。

企業活動をするための設備更新などが必要となるため、投資CFは基本的にマイナスになります。
もし投資CFがマイナスになっていない場合、生産設備の更新等が十分にできていない可能性があります。

大きな投資をする際に、借入を行う場合、財務CFが一時的にプラスになることはあります。
しかし、その後は、借入金の返済により、財務CFのマイナスが続きます。
もし財務CFのプラスが続いている場合は、返済額よりも借入額のほうが経常的に多いことを意味しますので、なぜ借入をしているのかを調べる必要があります。

↑このページのトップヘ