節約と資産運用を考えるブログ

将来のために、節約と資産運用をはじめました。 まだまだ勉強中ですので、誤った情報があると思いますので、ご注意ください。

日本ハウスホールディングスの財務データをご紹介します。


1.PLデータ
まずは、PLデータです。
日本ハウスホールディングスPL

売上高・営業利益・経常利益・純利益ともに、2016年10月決算までは減少傾向です。
2017年10月決算では増加しております。


2.配当データ
次に、配当データです。
日本ハウスホールディングス配当

配当金は、2016年10月決算で減少しましたが、2017年10月決算では20円に戻っています。
2017年10月期末決算での配当性向は31%であり、高くない水準です。


3.BSデータ
次に、BSデータです。
日本ハウスホールディングスBS

総資産は減少傾向ですが、純資産は増加傾向です。
その結果、株主資本比率は上昇しており、2017年10月決算で46%程度となっています。


4.CFデータ
次に、CFデータです。
日本ハウスホールディングスCF

2016年10月までは、営業CFは大きくプラス、投資CFはマイナス、財務CFはマイナスとなっていました。
本業でお金を稼ぎ、投資と借金返済に充てるという理想的な資金繰りとなっているようでした。
しかし、2017年10月決算では、営業CFが減少し、投資CFと財務CFはほとんどゼロです。

決算短信の連結キャッシュ・フロー計算書を見ると、「有形及び無形固定資産の取得による支出」が740百万円減少し、「有形固定資産売却」による収入が576百万円増加しています。

また、財務CFに関しては、「長期借り入れによる収入」が8,792百万円増加し、「長期借入金の返済による支出」が7,447百万円増加しています。
借り換えをしたような感じでしょうか?




5.まとめ
2016年10月決算までは売上高も利益も減少していましたが、2017年10月決算では増加しています。
配当金も元の水準に戻りましたが、配当性向は31%なので、まだ増配の余地はあります。

気になる点は、2017年10月のCFです。
売り上げは伸びているけれど、営業CFは減少しています。
投資CFと財務CFも、近年にはない形をしています。

事業計画の見直しなどが影響していると思いますが、
原因についてはさらに分析が必要そうです。

「十分な配当収入を得るには、資産額を増やすしかない。」
「資産額を増やすには、コツコツ貯金し、ある程度貯まったら運用するしかない。」

これまでの記事では、以上の点を考えてきました。
早く資産額を増やそうと思ったら、年200万や300万円という貯金が必要になります。


どうしたら、貯金できるのでしょうか?
この記事では、貯金方法を考えてみます。



<この記事のポイント>
  1. 貯金をするには、「収入を増やす」・「支出を減らす」。
  2. 固定費の見直しが最優先。
  3. 変動費の見直しは、無理せず節約できる仕組みを作る。
  4. 収入を増やすには、結婚して共働きが効果的?


1.貯金をする2つの方法

貯金額を増やすには、次の2つの方法があります。
  1. 収入を増やす。
  2. 支出を減らす。

当然ながら、「貯金 = 収入 - 支出」なので、どちらかしかありません。

収入を増やすのと、支出を減らすのは、どちらが簡単でしょうか?

私は支出を減らすほうが簡単だと考えているので、先に、支出を減らす方法を紹介します。


2.支出を減らす方法(固定費)

支出は、次の2つに分けることができます。
  1. 固定費
  2. 変動費
1の固定費は、家賃やスマホ代など、毎月固定した金額の支出です。
2の変動費は、食費や日用品費など、毎月変動する金額の支出です。


支出を減らす場合、まずは固定費の見直しをお勧めします。
固定費は毎月決まった支出なので、もし減らすことができれば、何も意識しなくても毎月節約できます。
最初に1回がんばれば、効果が続くので、効率的です。

例えば、次のような節約方法があります。
  • 家賃  :安い部屋に引っ越す。実家暮らしにする。
  • スマホ代:金額の安いプランに見直す。金額の安いキャリアに乗り換える。
  • 光熱水費:安いプランのある会社に変更する。
  • NHK代 :テレビを捨てて、解約する。
  • 新聞代 :新聞は読まない。
  • 駐車場代:車を持たない。
  • 保険料 :保険を見直す。
他にも色々ありそうですが、すぐにできそうなものを挙げてみました。
いくつかの節約方法は、後日、別の記事で詳細をご紹介します。


また、固定費の支払方法をクレジットカード払いにすることで、クレジットカードのポイントを得るという方法も使えます。


3.支出を減らす方法(変動費)

次は、変動費の節約を考えてみます。
節約というと、お菓子を我慢するとか、欲しいものを我慢するとか、変動費の節約のほうがイメージしやすいです。
しかし、我慢しすぎる節約は続かないので、変動費の節約は工夫が必要です。


私は、下記のような工夫をしています。
  • ポイント(特にTポイント)を活用する。
  • クレジットカード払いを基本にして、ポイントを貯める。
  • イオンオーナーズカードを利用する。
  • ふるさと納税を活用する。

基本は「Tポイントを貯めて、Tポイントで購入する」という方法です。
お店によっては、Tポイントが1.5倍で使える場合もあるので、有効活用しています。

クレジットカードのポイントもTポイントのことです。
現金で払うとポイントはないですが、クレジットカードで払うと、100円で1ポイント貯まります。

イオンオーナーズカードは、イオンの株主になるともらえるカードです。
イオングループで買い物すると、半年に一度、買い物金額の3%がキャッシュバックされます。

ふるさと納税は最近始めたばかりですが、実質負担額は安く、お礼の品をもらうことができます。


節約の工夫については、後日、詳細をご紹介したいと思います。



4.収入を増やす方法

さて、支出の次は、収入を増やす方法です。
収入を増やすのは、支出を減らすよりも難しいです。
なぜなら、収入はコントロールしにくいからです。

支出は色々な工夫で見直すことはできますが、収入を増やす方法はどうでしょうか?
  • 残業代。
  • 昇給を目指す。
  • 転職して、給与を上げる。
  • ビジネスを始める。
支出の節約方法に比べると、具体性に乏しいです。
残業も、昇給も、転職も、自分で完全にコントロールはできません。
私のブログでは、収入を増やす方法はご紹介できません。


収入を増やすという点で唯一ご紹介できるのは、結婚して共働きするという方法です。
共働きすれば収入は2倍です。
しかし、一緒に住んでいるので、生活費はそこまで増えません。
つまり、家計としては貯金できる額が増えることになります。

結婚後もお互いに仕事を続けるか?
夫婦で協力して貯金できるか?

結婚前に、この点を話し合うことで、家計としての大きな貯蓄増加を期待できます。


5.まとめ

貯金額を増やすには、収入の増加と、支出の減少の2つの方法があります。

まずは、固定費の削減を検討しましょう。
見直しは大変ですが、一度がんばれば効果が続くので、おすすめです。

節約については、色々とアイデア次第で可能性が広がります。
今回の記事では紹介できませんでしたが、私が実践している方法を別の記事でご紹介します。

配当収入を多くするには、それなりの資産額が必要となります。

下の表は、資産額と利回りの組み合わせで得られる配当収入です。
運用額と利回り

利回り3%を達成しても資産額が100万円ですと、年2万4千円(=月2千円)にしかなりません。
この金額ではお小遣いにはなりますが、セミリタイアは不可能です。

資産額が1,000万円になると、年24万円(=月2万円)になります。
給料が1回増える程の金額なので、結構うれしいですが、まだセミリタイアには難しいです。

資産額が5,000万円になると、年120万円(=月10万円)になります。
完全リタイアは難しいですが、給料は低くても別の仕事に挑戦するなど、人生の選択肢は増えてきます。

資産額が1億円になると、年240万円(=月20万円)になります。
質素な暮らしであれば、働かずに趣味に生きることも可能になります。



以上のように、資産運用で人生の選択肢を増やすには、ある程度の資産額が必要となります。
この記事では、資産を作り出す方法を考えてみます。




<この記事のポイント>
  1. 資産額を増やすには、「貯金」と「配当収入の再投資」。
  2. 5千万円の資産を築くには、毎年300万円の貯金で、14年が必要。
  3. 1億円の資産を築くには、毎年300万円の貯金で、25年が必要。


1.資産額を増やす方法

資産額を増やすには、次の2つの方法があります。
  1. 貯金する。
  2. 配当収入を再投資する。

1の貯金は基本です。
毎月の給料から、一定額を貯金します。
ある程度の金額が貯金出来たら、利回り3%で運用します。

2の配当収入を再投資するも、基本は1と同じです。
配当収入として得た金額を、お小遣いとして使うのではなく、貯めておきます。
そして、ある程度の金額が貯まったら、利回り3%で運用します。


1の方法も、2の方法も、結局は同じです。
「収入から支出を引いた金額が貯金出来て、ある程度の金額が貯まったら、運用に回す」ということです。
貯金と配当収入



2.どのくらい貯金すればよいか?

では、どのくらい貯金すれば、どのくらい資産が増えていくでしょうか。
利回り3%で運用すると、下の表のように増えていきます。
貯金額と資産額


青色が1千万円以上、
黄色が5千万円以上、
赤色が1億円以上です。

それでは、具体的に見ていきましょう。



3.1千万円を貯めるには?

青色の1千万円には、いつ到達できるでしょうか?

毎年50万円の貯金額だと17年後、
毎年100万円の貯金額だと9年後、
毎年200万円の貯金額だと5年後、
毎年300万円の貯金額だと4年後です。

1千万円を利回り3%で運用した場合の、配当収入が年24万円(=月2万円)です。
月2万円を得るだけでも、かなり大変です。

もちろん毎年500万円も貯金できれば良いですが、
私には不可能な金額です。


4.5千万円を貯めるには?

黄色の5千万円には、いつ到達できるでしょうか?

毎年200万円の貯金額だと20年後、
毎年300万円の貯金額だと14年後、
毎年400万円の貯金額だと11年後です。


毎年100万円の貯金額だと、利回り3%では、30年でも無理です。




5.1億円を貯めるには?

赤色の1億円となると、さらに厳しくなります。

毎年300万円の貯金だと25年後、
毎年400万円の貯金だと20年後です。

毎年200万円の貯金額だと、利回り3%では、30年でも無理です。


6.まとめ

人生の選択肢を増やすような十分な配当収入を得るには、
かなり大変です。

1億円貯めるには、毎年300万円貯金し、配当収入は再投資をし、
25年たってようやく築き上げることができる資産額です。

ただし、この現実に向き合い、一歩一歩進めなければ、始まりません。
このブログでは、少しでも歩みを早められる方法を考え、ご紹介していきます。

↑このページのトップヘ