節約と資産運用を考えるブログ

将来のために、節約と資産運用をはじめました。 まだまだ勉強中ですので、誤った情報があると思いますので、ご注意ください。

富士フィルムホールディングス株式会社の財務データをご紹介します。


1.PLデータ
まずは、PLデータです。
富士フィルムPL

売上高は、停滞傾向です。
営業利益は2018年3月決算に減少しましたが、経常利益と純利益は増加傾向です。
営業利益が減少した原因は、構造改革などの一時費用と記載されています。
「営業利益は、ドキュメントソリューションで実施した構造改革などの一時費用が発生したことにより、1,307億円(前年同期比24.1%減)となりました。」
「2018年3月期 決算短信」、2ページより引用。
営業利益が減少した割に、経常利益と純利益が増加している要因は、投資有価証券売却損益51,222百万円が計上されたことのようです。




2.配当データ
次に、配当データです。
富士フィルム配当

配当金は、増配傾向で、2018年3月決算では75円となりました。
純利益が増加しているため、配当性向は低下しており、23%となっています。


3.BSデータ
次に、BSデータです。
富士フィルムBS

総資産は停滞傾向またはやや増加傾向です。
純資産はやや減少傾向です。
その結果、株主資本比率も低下傾向で、2018年3月決算では60%になりました。


4.CFデータ
次に、CFデータです。
富士フィルムCF

営業CFは大きくプラス、投資CFはマイナス、財務CFはマイナスとなっております。
本業でお金を稼ぎ、投資や借金返済に回すという理想的な資金繰りと言えるのではないでしょうか。
2018年3月決算では財務CFが大きくマイナスとなっていますが、長期債務の返済と自己株式の取得が原因です。
「財務活動によるキャッシュ・フローは、長期債務の返済及び自己株式の取得などにより、2,590億円の支出となりました。」
「2018年3月 決算短信」、6ページより引用。
財務CFが大きくマイナスとなった割には、BSデータの株主資本比率がそれほど上昇していないのは、長期債務の返済と自己株式の取得を同時に行ったためのようです。
長期債務の返済は財務基盤の安定効果が期待できますし、自己株式の取得は株主還元効果がありますので、どちらも長期投資を考える人からは好意的な印象となるのではないでしょうか。


5.まとめ
売上高が停滞気味で、営業利益が減少している点が気になるところです。
営業利益減少の要因となった構造改革がどのような効果を与えるのかに注目です。
2018年3月決算においては、長期債務の返済と自己株式の取得を行っており、長期投資先として好ましい印象を与えます。


三菱マテリアル株式会社の財務データをご紹介します。


1.PLデータ
まずは、PLデータです。
三菱マテリアルPL

売上高は、2017年3月決算までは減少していましたが、2018年3月決算では増加しています。
営業利益・経常利益・純利益ともに、2017年3月決算までは減少し、2018年3月決算では増加しています。
経常利益が営業利益よりも多い点が特徴的ですが、営業外収益である受取配当金が多いことが原因のようです。


2.配当データ
次に、配当データです。
三菱マテリアル配当
配当金は、2年連続で大きく増加しており、2018年3月決算では80円となりました。
配当性向も上昇傾向ですが、2018年3月決算でも30%と高くはありません。
2018年3月決算で配当金が増加したのは、配当金の方針が変更されたからのようです。

「2017年度から2019年度を対象期間とする中期経営戦略期間中の利益配分につきましては、当社連結業績の変動時においても安定的な配当を実施することを重視し、配当金額は1株当たり年間80円とし、連結配当性向が25%を下回る場合は、25%まで一時的な増配または自己株式の取得を行う方針としております。」
「2018年3月期 決算短信」、5ページより引用。




3.BSデータ
次に、BSデータです。
三菱マテリアルBS
総資産は停滞傾向ですが、純資産はやや増加傾向です。
株主資本比率も上昇傾向で、2018年3月決算では33%になりました。


4.CFデータ
次に、CFデータです。
三菱マテリアルCF
営業CFは大きくプラス、投資CFはマイナス、財務CFはマイナスとなっております。
本業でお金を稼ぎ、投資や借金返済に回すという理想的な資金繰りと言えるのではないでしょうか。

2016年3月決算では財務CFが大きくマイナスとなっていますが、借入金の返済が原因です。
営業活動や投資活動の結果、887億円の収入となり、この収入を借入金の返済に充当したことなどにより、当連結会計年度の財務活動によるキャッシュ・フローは、1,204億円の支出(前期比782億円の支出増加)となりました。
「平成28年3月期 決算短信」、5ページより引用。

2018年3月決算では、投資CFが大きくマイナスとなっていますが、設備投資が原因です。
「当連結会計年度の投資活動によるキャッシュ・フローは、設備投資に係る支出等により、839億円の支出(前期比574億円の支出増加)となりました。」
「2018年3月期 決算短信」、5ページより引用。
2018年3月決算では営業CFが小さくなっており、フリーCFがマイナスとなっているのが気になるところです。


5.まとめ
純利益は各年度の特殊要因により増減していますが、営業利益は増加傾向となっています。
配当金が大きく増加傾向ですが、配当性向は50%未満ですので、まだ増加する余地はありそうです。
また、2020年期末決算までは、1株当たり80円の配当を継続する方針のようなので、配当の安定性も期待できます。


日本軽金属ホールディングス株式会社の財務データをご紹介します。


1.PLデータ
まずは、PLデータです。
日本軽金属PL

売上高は、やや増加傾向です。
営業利益・経常利益・純利益ともに、2017年3月決算では増加していました。
しかし、営業利益と純利益は、2018年3月決算では減少しています。
2018年3月決算で純利益が低くなった要因として、投資有価証券売却がなかったことと、和解金を計上したことがあるようです。
「前期に投資有価証券売却などの特別利益を計上していたことや、当期に和解金を計上したことにより、親会社株主に帰属する当期純利益は前期を下回りました。」
「平成30年3月期 決算短信」、2ページより引用。




2.配当データ
次に、配当データです。
日本軽金属配当

配当金は、増配傾向で、2018年3月決算では8円となりました。
純利益が増加しているため、配当性向は2016年3月までは低下していました。
2017年3月決算以降は上昇していますが、2018年3月決算でも28%と高くはありません。



3.BSデータ
次に、BSデータです。
日本軽金属BS

総資産は停滞傾向ですが、純資産はやや増加傾向です。
株主資本比率も上昇傾向で、2018年3月決算では37%になりました。


4.CFデータ
次に、CFデータです。
日本軽金属CF

営業CFは大きくプラス、投資CFはマイナス、財務CFはマイナスとなっております。
本業でお金を稼ぎ、投資や借金返済に回すという理想的な資金繰りと言えるのではないでしょうか。
特に、2016年3月決算以降の営業CFは大きくプラスとなっており、フリーCFもプラスになっています。
2018年3月決算では、営業CFが小さくなっているのが気になるところです。


5.まとめ
純利益は各年度の特殊要因により増減していますが、営業利益は増加傾向となっています。
配当金が増加傾向ですが、配当性向は50%未満ですので、まだ増加する余地はありそうです。


↑このページのトップヘ