節約と資産運用を考えるブログ

将来のために、節約と資産運用をはじめました。 まだまだ勉強中ですので、誤った情報があると思いますので、ご注意ください。

私なりの「キャッシュ・フロー計算書の見方」についてご紹介します。

この記事のポイント
  1. キャッシュ・フロー計算書とは、企業の現金の出入りを示している。
  2. 営業CFは、本業での稼ぎが分かる。
  3. 投資CFは、機械購入や工場新設などの投資活動に使った資金の出入りが分かる。
  4. 財務CFは、銀行からの借入や返済の状況が分かる。
  5. 「営業CFがプラス、投資CFがマイナス、財務CFが継続的にプラスでない」ことが企業の安定性を見るうえで大切。


1.キャッシュ・フロー計算書とは?

キャッシュ・フロー計算書とは、1年間の現金の出入りを示した表です。
省略してCF計算書などと表記することもあります。

キャッシュ・フロー計算書では、企業活動を3つに分けて、現金の出入りを表示しています。
  1. 営業活動によるキャッシュ・フロー
  2. 投資活動によるキャッシュ・フロー
  3. 財務活動によるキャッシュ・フロー


下の表は、株式会社バンダイナムコホールディングスのホームページ上で公開されているキャッシュ・フロー計算書の要約です。
CF

2017年4月から2018年3月の1年間で、営業活動で551億円の現金が入り、投資活動で633億円の現金が出て、財務活動で171億円の現金が出たことを示しています。
決算短信などに記載さ入れているキャッシュ・フロー計算書を見ると、さらに細かな内訳が分かります。
  • 固定資産取得による現金のマイナス額
  • 有価証券取得による現金のマイナス額
  • 固定資産売却による現金のプラス額
  • 長期借入による現金のプラス額
  • 長期借入金返済による現金のマイナス額



2.キャッシュ・フロー計算書でわかること
キャッシュ・フロー計算書を見ると、企業活動が現金の獲得につながっているかを知ることができます。

営業活動キャッシュ・フローは、企業の本業での稼ぎを表しますので、当然プラスが好ましいです。
営業活動キャッシュ・フローがマイナスである企業は、本業での現金獲得ができていないことを示しています。

次に、投資キャッシュ・フローですが、生産設備を更新したり、企業買収を行ったりした場合、現金が出ていくので、マイナスになります。

財務キャッシュ・フローは、借入金をすると現金が入ってくるので、プラスになります。
逆に、借入金を返済すると現金が出ていくので、マイナスになります。



3.長期投資で注意する点
長期的な投資先を探す場合、下記の点を注意する点があります。
  1. 営業CFがプラスか?
  2. 投資CFがマイナスか?
  3. 財務CFが継続的にプラスになっていないか?
営業CFは本業での稼ぎなので、最重要ポイントです。

企業活動をするための設備更新などが必要となるため、投資CFは基本的にマイナスになります。
もし投資CFがマイナスになっていない場合、生産設備の更新等が十分にできていない可能性があります。

大きな投資をする際に、借入を行う場合、財務CFが一時的にプラスになることはあります。
しかし、その後は、借入金の返済により、財務CFのマイナスが続きます。
もし財務CFのプラスが続いている場合は、返済額よりも借入額のほうが経常的に多いことを意味しますので、なぜ借入をしているのかを調べる必要があります。

ソフトバンクグループ株式会社の財務データをご紹介します。

1.PLデータ
まずは、PLデータです。
ソフトバンクPL

売上高は、2016年3月決算までは増加傾向でしたが、その後は停滞気味です。
営業利益はやや増加、経常利益は減少傾向、純利益は増加傾向という感じです。

営業利益・経常利益・純利益がそれぞれ別の動きをしているのが特徴的です。
例えば、2018年3月決算について見てみると、財務費用やデリバティブ関連損益のため、経常利益が減少しております。
「財務費用は、前期比48,821百万円(10.4%)増の516,132百万円となりました。主にソフトバンクグループ(株)の支払利息が39,692百万円増加したことによるものです。」
「2018年3月期 決算短信」、5ページより引用。
「デリバティブ関連損益は、630,190百万円の損失となりました(前期は252,815百万円の損失)。主に、アリババ株式先渡売買契約に含まれるカラー取引に関するデリバティブ関連損失を604,156百万円計上しました。」
「2018年3月期 決算短信」、6ページより引用。

経常利益よりも純利益が大きい原因は、法人所得税の還付があったためです。
「法人所得税は、853,182百万円のマイナス(利益)となりました。(前期は207,105百万円の利益)。これは主に、米国において2017年12月に税制改革法が成立したことにより、スプリントで法人所得税が815,059百万円減少したことによるものです。」
「2018年3月期 決算短信」、7ページより引用。

ソフトバンクグループは投資活動を積極的に行っているので、営業利益以外の損益要因が純利益に影響を及ぼしているようです。


2.配当データ
次に、配当データです。
ソフトバンク配当
配当金は微増しており、2018年3月決算では44円となっております。
配当性向は低下傾向にあり、2018年3月決算では5%と低水準です。

ソフトバンクグループでは資金を配当金として使うのではなく、資金を企業の投資活動に使用し、企業価値を高める方針のようです。
現時点では配当利回りが低い企業ですが、将来的には配当額が増えていくのでしょうか。



3.BSデータ
次に、BSデータです。
ソフトバンクBS

総資産・純資産ともに増加傾向です。
その結果、株主資本比率も上昇しています。
しかし、2018年3月決算での株主資本比率は16%であり、他の企業よりは低い印象があります。
有利子負債比率も2.72と高くなっています。


4.CFデータ
次に、CFデータです。
ソフトバンクCF
営業CFはプラス、投資CFは大きくマイナス、財務CFは大きくプラスとなっております。
本業での稼ぎよりは、借入金で投資をするという事業形態のようです。
フリーCFが常にマイナスとなってる点が気になります。



5.まとめ
営業利益以外の要因で、純利益が変動するという特徴があります。
借入金での投資活動が成功するか失敗するかがポイントとなりそうです。


株式会社マーベラスの財務データをご紹介します。

1.PLデータ
まずは、PLデータです。
マーベラスPL

売上高は2016年3月決算までは増加していましたが、その後は減少しています。
営業利益・経常利益・純利益ともに、2018年3月決算では減少しており、成長期から停滞期に移りつつあるような印象を受けます。


2.配当データ
次に、配当データです。
マーベラス配当

配当金は、増配を続けており、2018年3月決算では33円となりました。
しかし、利益が増加していない状況下での増配であるため、配当性向は50%付近まで上昇しました。



3.BSデータ
次に、BSデータです。
マーベラスBS
総資産・純資産ともにやや増加傾向です。
株主資本比率は、高水準を維持しており、2018年3月決算では70%を超えております。


4.CFデータ
次に、CFデータです。
マーベラスCF

営業CFは大きくプラス、投資CFはマイナス、財務CFはマイナスとなっております。
本業でお金を稼ぎ、投資や借金返済に回すという理想的な資金繰りと言えるのではないでしょうか。
また、フリーCFは常にプラスになっています。

しかし、2018年3月決算では、営業CFのプラスが小さくなったため、投資CFのマイナスも小さくなっています。
将来への投資の必要性は事業計画に応じて変わるものではありますが、もし資金不足のために、投資活動が制限されているとすれば心配です。


5.まとめ
ここ2年間は売上高が減少しており、2018年3月決算では利益も減少しております。
増配はしておりますが、将来も売上高や利益が減少し続けると、増配が困難になる恐れがあります。
2018年3月決算での投資CFが少なかった点が気になるところです。

↑このページのトップヘ