節約と資産運用を考えるブログ

将来のために、節約と資産運用をはじめました。 まだまだ勉強中ですので、誤った情報があると思いますので、ご注意ください。

私の回りで株式投資をしている人は、それほど多くはありません。
50人に1人くらいの割合でしょうか。

株式投資をはじめるきっかけは人それぞれです。

「知り合いに勧められた」
「ネットの情報を参考に始めた」
「不労所得を得るため」
「一儲けしようとして」


私の場合、最初の理由は「インフレに備えるため」でした。

私が株式投資を考え始めた2012年は民主党政権から自民党政権に交代したときです。
当時、話題となっていたのがインフレターゲットです。

日本の景気が良くなるには、デフレを脱却する必要がある。
そのため、日本銀行が政策目標としてインフレ率を設定するという議論が起こっていました。
そして、2012年12月に自民党政権になり、2013年1月にはインフレターゲットが開始されました。

インフレターゲットが成功するかどうかは賛否両論でした。
中には、インフレをコントロールできなくなり、ハイパーインフレになるという意見もありました。


当時の私は、インフレターゲットに興味がありました。
下記の本を読みながら、本当にインフレになるのかどうかを考えていました。

インフレ目標政策
伊藤 隆敏
日本経済新聞出版社
2013-02-26








このような議論を見聞きしていると、資産全額を預金しておくリスクを感じました。
インフレが起きると、現金の価値は低下するので、折角貯めた預金も意味がなくなってしまいます。
しかし、株価はインフレとともに値上がりしやすいので、インフレが起きても大丈夫です。


そんなことを考えて、預金の一部をネット証券に入金し、日本株を購入しました。
2018年時点ではハイパーインフレは発生していませんし、むしろインフレ目標値に届いておらず、日銀も困っているような感じがあります。

下記は、日本のインフレ率の推移です。
(※IMFのWorld Economic Outlook Database, April 2018より筆者作成)
日本のインフレ率

2000年代はマイナス(デフレ)の年も多く、低い水準で推移しています。
この水準を見ていると、インフレへの懸念も小さくなり、インフレ対策という当初の投資目的は割合が小さくなってきました。
現在の投資目的は、「インカムゲインでの不労所得増加」と「給与以外の収入源多様化」が中心です。
しかし、上記の目的のために投資をしている結果、現金保有の割合が小さくなっており、インフレリスクに対する安心感はあります。

投資するリスクは重要ですが、投資しないリスクも重要です。
インフレターゲットの話題も少なくなりましたが、改めて伊藤隆敏氏と吉川洋氏の本を読んでみるのも良いかもしれません。


このブログでは私のおすすめの資産運用と節約法をご紹介しています。
私の資産運用と節約法は、次の4点にまとめることができます。
  1. 先取り貯金:給与が振り込まれたら、一定額を証券会社の口座に入金する。
  2. インカムゲイン狙いの運用:投資資金が貯まったら、配当利回りの高い金融商品を購入する。
  3. 固定費節約:通信費や電気料など固定費は徹底的に見直し、安いプランを探す。
  4. 変動費節約:カード払いでTポイントを貯めて、我慢せずに、実質的な節約を目指す。
将来もっと良い方法が見つかれば変えていこうと思いますが、この4つの方法は長いこと続いています。

この方法にたどり着くまでに、色々な資産運用と節約法を試してきました。
試した方法の中には、私には合わず、失敗したものも多くあります。
この記事では、私が失敗した方法をご紹介してみようと思います。


1.500円玉貯金
money_500
貯金の定番といえば、500円玉貯金です。
私も500円玉貯金にチャレンジしたことがあります。
100均で適当な貯金箱を購入し、財布に500円玉があれば、貯金箱に入れるという生活をしていました。
お金を貯めるのは好きなので、500円玉がどんどん貯まっていくのが楽しかったです。
1日に1枚貯金していた時期もありました。

最終的には、1年くらいで15万円程度貯金出来たと記憶しています。
大量の500円玉を銀行窓口に持っていきました。



2.500円玉貯金の失敗要因

500円玉貯金をしてみて分かった欠点は、次の2点です。
  1. 頑張った感じはあるが、成果は小さい。
  2. 500円玉を集めることに熱中してしまう。
一つ目の欠点は、努力のわりに成果が小さい点です。
毎日毎日500円玉を貯金箱に入れていきます。
「今日も頑張って貯金したぞ」と達成感があります。
貯金ができなかった日は、仕事をやり残したような感覚があり、気持ちが悪いです。

500円玉を入れるという行為は、ほとんど毎日なので、常に500円玉貯金のことを考えてしまいます。
しかし、365日毎日貯金しても、182,500円にしかなりません。
500円玉貯金に心を奪われている割には、成果が少なすぎると感じました。


二つ目の欠点は、貯金するために500円玉を集めてしまうことです。
500円玉貯金を始めると、毎日500円玉を探すようになります。
私は熱中するあまり、千円札を崩してでも500円玉を入手していました。

財布に500円玉がないことが分かっている日は、帰宅途中にコンビニに寄ります。
そして、100円のお菓子を千円札で購入する。
すると、500円玉を入手できます。

さらに、千円札や一万円札を崩す頻度が多くなったため、ATMに行く回数が増えました。
時にはATM利用手数料が発生することもあります。
ここでも無駄遣いが発生しています。

500円玉貯金で15万円程貯まりましたが、口座残高はそれ以上に減っていたかもしれません。


3.500円玉貯金の失敗から学んだこと

この失敗から、次のことを学びました。

毎日コツコツは労力の割に成果が少ない。

毎日コツコツと取り組むと、日々の仕事になり、毎日考えてしまいます。
毎日考える割には、「コツコツ」なので成果は少ないです。

それ以降の貯金は、先取り貯金に変えました。
毎月の給料日に、一定額を証券口座へ入金します。
これならば、月に一度の作業ですし、一度の作業で目標額を達成できます。


資産運用や節約は大切ですが、労力を掛けないことが大切です。
労力を掛けなければ、気づかない間に資産が増えているという感覚も大きくなります。

今後もこのブログでは、失敗談を含めながら、労力を掛けない運用法・節約法をご紹介していきます。



コラボス(3908)から株主優待が届きました。
正確に言いますと、コラボスの株主優待のカタログギフトで注文した商品が届きました。
カタログギフトの選択肢は5つほどと多くありませんでしたが、自分で選べるのがうれしいです。


私が注文した商品はこちら。

コラボス優待1

コラボス優待2

スモークハムとあらびきミートローフのセットです。
結構な大きさで大満足。


今回の優待は3,000円相当のカタログギフトでした。
2018年7月時点では、コラボスの株価が1,008円。
単元株を購入すると、100,800円。
そのため、利回りで考えると2.98%です。


ちなみに、配当金の場合は約20%の税金が差し引かれ、振り込まれます。
そのことを考慮すると、3,000円相当のカタログギフトは3,750円の配当金に相当します。
3,750円とすると、配当利回りは3.72%。
かなりの高配当になります。


こんな計算しても意味はありませんが、3.72%と思いながら食べたほうがおいしく感じそうですね。





↑このページのトップヘ