節約と資産運用を考えるブログ

将来のために、節約と資産運用をはじめました。 まだまだ勉強中ですので、誤った情報があると思いますので、ご注意ください。

株式会社マーベラスの財務データをご紹介します。

1.PLデータ
まずは、PLデータです。
マーベラスPL

売上高は2016年3月決算までは増加していましたが、その後は減少しています。
営業利益・経常利益・純利益ともに、2018年3月決算では減少しており、成長期から停滞期に移りつつあるような印象を受けます。


2.配当データ
次に、配当データです。
マーベラス配当

配当金は、増配を続けており、2018年3月決算では33円となりました。
しかし、利益が増加していない状況下での増配であるため、配当性向は50%付近まで上昇しました。



3.BSデータ
次に、BSデータです。
マーベラスBS
総資産・純資産ともにやや増加傾向です。
株主資本比率は、高水準を維持しており、2018年3月決算では70%を超えております。


4.CFデータ
次に、CFデータです。
マーベラスCF

営業CFは大きくプラス、投資CFはマイナス、財務CFはマイナスとなっております。
本業でお金を稼ぎ、投資や借金返済に回すという理想的な資金繰りと言えるのではないでしょうか。
また、フリーCFは常にプラスになっています。

しかし、2018年3月決算では、営業CFのプラスが小さくなったため、投資CFのマイナスも小さくなっています。
将来への投資の必要性は事業計画に応じて変わるものではありますが、もし資金不足のために、投資活動が制限されているとすれば心配です。


5.まとめ
ここ2年間は売上高が減少しており、2018年3月決算では利益も減少しております。
増配はしておりますが、将来も売上高や利益が減少し続けると、増配が困難になる恐れがあります。
2018年3月決算での投資CFが少なかった点が気になるところです。

伊藤忠商事株式会社の財務データをご紹介します。

1.PLデータ
まずは、PLデータです。
伊藤忠PL
売上高は2017年3月決算まで減少傾向でしたが、2018年3月決算では大きく増加しました。
営業利益・経常利益・純利益ともに、2017年3月決算以降は増加しています。

どの年度においても、営業利益よりも経常利益が大きくなっています。
決算短信を見てみると、持分法による投資損益が影響しているようです。
「食料は、ユニー・ファミリーマートにおける減損損失はあったものの、統合に伴う営業収益の増加及び税金費用の改善等により、146憶円増加の336億円(利益)。情報・金融は、海外金融関連事業の復調等により、65億円増加の374億円(利益)。住生活は、海外パルプ関連事業における市況改善等により、54億円増加の181億円(利益)。」
「平成30年3月期 決算短信 添付資料」、3ページより引用。




2.配当データ
次に、配当データです。
伊藤忠配当
配当金は、増配を続けており、2018年3月決算では70円となりました。
配当性向も、20%台から30%台と低くなっております。



3.BSデータ
次に、BSデータです。
伊藤忠BS

総資産・純資産ともに停滞気味、もしくは微増という感じです。
その結果、株主資本比率も大きな変化はありません。


4.CFデータ
次に、CFデータです。
伊藤忠CF

営業CFは大きくプラス、投資CFはマイナス、財務CFはマイナスとなっております。
本業でお金を稼ぎ、投資や借金返済に回すという理想的な資金繰りと言えるのではないでしょうか。
2016年3月決算では投資CFが大きくマイナスとなり、財務CFがプラスとなっています。
恐らく、大きな投資をするために借入を行ったと考えられます。
当時の決算短信を確認すると、CITIC Limited株式取得が原因のようです。
「CITIC Limited株式取得に係る投融資実行(約6,000億円)等により、5,573億円のネット支払となりました。」
「平成28年3月期 決算短信 添付資料」、5ページより引用。
CITICは中国の政府系企業です。
「CITICは、中国政府がCITICグループを通じて実質的に過半を保有する政府系企業です。金融事業、資源・エネルギー関連事業、製造業、エンジニアリング、不動産事業など多岐にわたる事業を中国及び海外で展開しています。
伊藤忠ホームページ、「CITIC・CPグループとの取り組み」より引用。

その後は、大きな投資はせず、営業CFでの稼ぎを借金返済に充てているようです。
フリーCFも2017年3月決算以降はプラスとなっています。



5.まとめ
ここ2年間は、利益が増加傾向にあります。
2016年3月決算では大きな投資をしたため、フリーCFがマイナスとなりました。
しかし、その後は、本業で稼ぎ、投資活動と借金返済をしているようです。
配当は増加傾向にありますが、配当性向は20%台と低いので、配当の継続性からも無理はなさそうです。

株式会社バンダイナムコホールディングスの財務データをご紹介します。

1.PLデータ
まずは、PLデータです。
バンダイナムコPL
売上高は増加傾向です。
営業利益・経常利益・純利益ともに、2016年3月決算で減少しましたが、その後は増加しています。

2016年2月決算で純利益が大きく減少したのは、法人税等が増加したことが原因のようです。




2.配当データ
次に、配当データです。
バンダイ配当

配当金は、2016年3月決算では一時減少しましたが、その後は2年連続で増配となっております。
配当性向も、2016年3月決算で低下しましたが、その後は2年連続で増加しています。

しかし、2018年3月決算での配当性向は50%ですので、そこまでは高くない印象です。



3.BSデータ
次に、BSデータです。
バンダイナムコBS

総資産・純資産ともに年々増加しています。
その結果、株主資本比率も年々上昇しています。
財務基盤の安定性が高まっていると言えるのでしょうか。


4.CFデータ
次に、CFデータです。
バンダイナムコCF

営業CFは大きくプラス、投資CFと財務CFはマイナスとなっております。
本業でお金を稼ぎ、投資や借金返済に回すという理想的な資金繰りと言えるのではないでしょうか。
フリーCFも2018年3月決算まではプラスとなっていました。
しかし、2018年3月決算は投資CFのマイナスが大きかったため、フリーCFもマイナスとなっています。

投資CFのマイナスは、東京都渋谷区の土地を30,000百万円で購入したことが原因のようです。
東京都渋谷区に面積が3500平方メートルの土地を約300億円で取得していた。
ここにホール、ライブハウス、劇場などの複合施設を20年をめどに設ける。
建物も含め投資額は約400億円の見込み。ゲーム対戦競技「eスポーツ」の大会なども開く計画だ。
(日本経済新聞2018年2月13日、「バンナムHD、新キャラ創出に250億円、渋谷にライブ施設。」より引用。


5.まとめ
売上・利益ともに増加傾向にあります。
本業で稼ぎ、財務基盤の安定性を高めるとともに、投資活動も行っているようです。
配当は増加傾向にありますが、配当性向は50%程度なので、配当の継続性からも無理はなさそうです。

↑このページのトップヘ