高配当の個別株を購入することが多かったですが、最近はETFの購入が増えています。
ETFの良いところは、分散投資できるところです。

食品部門に投資する。
アメリカ経済全体に投資する。
世界経済全体に投資する。

個別企業の業績は予想しにくいですが、対象が大きくなればなるほど、予想はしやすくなります。


ただし、予想するにも感覚だけに頼っていてはいけないと考え、予想のための知識を得ようと考えました。
ということで、読んでみた本がこちら。

マンキュー マクロ経済学I入門篇(第4版)
N.グレゴリー マンキュー
東洋経済新報社
2017-11-10


経済学の教科書の定番、マンキューのマクロ経済学です。
上の商品は2017年に出版された最新版ですが、私が読んだのは2003年に出版された第2版です。



私が気になっているのは、次のような点です。
  • どのような国・地域に投資するべきか?
  • 長期投資をする際に、どのような点に気を付けるべきか?
  • 日本の少子高齢化、国債残高、低利子率などは、円の価値にどう影響を与えるか?
マクロ経済学の分野でいうと、経済成長理論で成長の源泉を考え、投資先の選定基準にしたいと考えています。
また、利子率、インフレ率、為替レート、人口、政府債務などの重要な指標間の関係を学び、長期資産運用の参考にしたいと思います。
学生の頃は単位取得のために勉強しましたが、改めて自分の資産運用に活用できるかを検討しようと思います。



スポンサーリンク