の資産運用と節約法は、次の4点にまとめることができます。
  1. 先取り貯金:給与が振り込まれたら、一定額を証券会社の口座に入金する。
  2. インカムゲイン狙いの運用:投資資金が貯まったら、配当利回りの高い金融商品を購入する。
  3. 固定費節約:通信費や電気料など固定費は徹底的に見直し、安いプランを探す。
  4. 変動費節約:カード払いでTポイントを貯めて、我慢せずに、実質的な節約を目指す。
将来もっと良い方法が見つかれば変えていこうと思いますが、この4つの方法は長いこと続いています。

この記事では変動費節約の方法をご紹介します。


1.通常変動費と特別変動費

食費、交通費、買い物代などは、毎月変動します。
多く使う月もあれば、あまり使わない月もあります。

このような変動費は自制心によってコントロールできるので、節約というと変動費の節約をイメージしやすいです。
しかし、私は自制心が弱いので、変動費の節約は後回しにしています。
「無理のない範囲で買い物しすぎないように気を付ける」という感じです。

さて、変動費も細かく分けると、二つに分かれます。
  • 通常変動費:食費・買い物・交通費などの日常生活で発生する費用
  • 特別変動費:旅行・冠婚葬祭など特別なイベントで発生する費用
つまり、「変動費 = 通常変動費 + 特別変動費」となります。


通常変動費はお小遣いや生活費として、予算をある程度決めています。
それに対して、特別変動費は特別だからということであまり管理できていませんでした。
しかし、特別変動費といいながらも、毎月特別なことが発生したらお金は減っていきます。
そのため、変動費の履歴を確認してみました。



2.カード利用履歴で確認してみる。

私はポイントを貯めるために、カード払いを基本としています。
何を買うときもカードですので、カードの利用履歴を見ると変動費を確認することができます。
カード利用履歴

通常変動費は3万円から5万円を推移しています。
本当は3万円くらいに抑えたいですが、大体1万円くらいオーバーしています。
ストレスなく自制心を働かせず使っていると、私の場合は通常変動費が月4万円のようです。

さて、特別変動費ですが、ほぼ毎月発生しています。
しかし、出張旅費やふるさと納税は後程戻ってくるので、実質負担額はゼロです。
そのため、実質負担額に記載された金額が私の特別変動費になります。

11月12月は旅行費用。
1月2月は帰省費用とプレゼント代。
4月にはスーツを購入。
7月には保険料。
8月にはスマホとゲーム機(任天堂スイッチ)の購入。
10か月で33万円なので、1か月あたり3万3千円です。

確かに一つ一つの支出を見ると、毎月発生するものではありません。
しかし、積み重なって、かなりの金額になっています。
これらの支出も節約できれば良いでしょうが、ゼロにするのは難しいです。


3.まとめ

変動費を通常変動費と特別変動費に分けてみました。
私の場合は、通常変動費が4万円程度、特別変動費が平均3万円程度でした。

通常変動費は毎月発生するので、予算を立てるときも大体の見込み額が分かりやすいです。
それに対して、特別変動費はその月しか発生しないので、予算を立てるときに除外することがあります。
しかし、特別変動費の履歴を見てみると、かなりの頻度で特別な支出が発生していることが分かりました。
この現実を無視していると、予定通りにお金が貯まらないという問題が発生します。

通常変動費とともに、特別変動費がどの程度発生しているかは知っておく必要がありそうです。

そのため、特別変動費を無視して、予算や貯蓄の計画を立てると失敗してしまいます。
通常変動費だけでなく、特別変動費も考慮して、資産運用計画を立てる必要がありますね。



スポンサーリンク