統計検定2級の試験が終わりました。
前回の試験ですと、2〜3日後には解答速報が出るみたいですね。
どれくらい正答できてるでしょうか?
問題用紙は持ち帰ることができるので、自分の解答をメモしとけば良かったです。

過去問と比べて、予想通りだったこともあれば、予想外だったこともありました。

こちらの記事でも書いたように、「グラフの読み取り」、「確率や推定の計算問題」、「応用的な検定」という大きな構成は過去問通りでした。

問題の種類としては、「応用的な検定」が出力結果の解釈に重点を置いた感じになっていました。
また、「確率や推定の計算問題」では、より数学的な内容になっている印象を受けました。
「次のときpを最大にするaを求めよ」という感じの問題です。
問題をときながら高校生のときの数学のテストを思い出しました。

意外だったのが、モーメント問題です。
歪度と尖度についてガッツリ3問出題されました。
完全に勉強漏れでした。


さて、結果はどうでしょう???


スポンサーリンク