2018年10月以降、株価の下落が続いています。
私の保有している日本株も、米国株も、投資信託も下落しました。

米国株と投資信託は含み益から含み損に突入。
日本株は大きく値を下げたものの、含み損とはなっていません。

やはり購入する時期が重要そうですね。
日本株は数年前に購入した銘柄なので、株価が低いときに購入してました。
米国株と投資信託は2018年に購入額を増やしたので、高値のときに購入していました。

長期投資をするならば、「何を買うか?」よりも、「いつ買うか?」が重要そうです。


しかしながら、「いつ買うか?」も見極めが難しいところ…。
そのため、定額積立がシンプルで良いですね。
定額積立をしていると、「いつ買うか?」に悩まなくて良いです。
毎日積立をしていれば、毎日少しは購入しているので、「あのとき買っておけば良かった!」という後悔も緩和されます。

積立投資は、相場変動への意識をかなり緩和してくれます。
株価の上下にお疲れの方には、かなりおすすめです(*´ω`*)
スポンサーリンク