2019年もインカムゲイン(配当金)重視の資産運用をしていきます。
数値目標としては、年間配当金30万円(=月平均2万5千円)を目指します。

3%の利回りとすると、1,250万円を運用すれば、年間30万円の配当金(税引後)を見込めます。

1,250万円 × 3% × 80% = 30万円



さて、つみたてNISAと楽天カードでの積立をしているので、投資信託を100万円を購入することは確定しています。

投資信託の積立100万円は、私の資産運用の基盤と考えています。
先取りの強制貯金のように、自由になるお金を敢えて減らし、節約を意識するようにします。
同時に、機械的に積立をすることで、株価上下に対する安心感を得ます。
全く購入していないと、買い時を逃しているようで心配ですが、毎日積立をしていれば少しは安心。



しかし、配当金再投資を選択しているので、配当金としては収入がありません。

そのため、何かしらの金融商品で3%運用をする必要があります。
今のところ候補として、以下の金融商品を検討しています。
  • 米国株ETF
  • 米国個別株
  • 米国債ETF
1番有力は米国株ETFです。
利回りを考慮すると、VYMでしょうか?

個別株も良いですが、ETFで目標達成できるかなと思います。

資産運用の分散を意識すると、米国債ETFも興味があり、調べています。
BNDが1番有力でしょうか?


2019年は株価が停滞する雰囲気がありますので、今までのように含み益が増加していく楽しみは少なくなりそうです。
そのため、配当金の増加を楽しみに資産運用を進めていきます(*´ω`*)


スポンサーリンク