今回は、主成分分析と因子分析です。
どちらも、複数の変数を、少数の変数に集約するための手法です。

それぞれの特徴は、

主成分分析
  • 複数の変数を組み合わせて、集約した新しい変数を作成する。
  • 最も分散が大きくなるように作成した変数を第1主成分という。
  • 第1主成分と相関がゼロとなる変数を第2主成分という。

因子分析
  • 複数の変数を生み出す要因となる、少数の変数(因子)を作成する。
  • 確率モデルを仮定し、因子を推定する。
テキストでの解説はこの程度で、具体的な計算方法は記載されていません。
各分析手法の違いの正誤問題などがでそうですね。


スポンサーリンク