先日、確定申告をしました。
ふるさと納税の控除もしたのですが、所得税の還付金が少なくて、一瞬びっくりしました。

ふるさと納税というと、控除内でなれば、実質負担額は2,000円になります。
例えば、50,000円寄付すれば、48,000円の控除が受けられます。
しかし、確定申告で計算された所得税還付金は1万円程度となることがあります。

これは、ふるさと納税は、所得税と住民税の両方で還付されるためです。
確定申告で計算されるのは所得税の還付金です。
これは、(寄付額ー2千円)×所得税率で計算されます。

もし、寄付額が5万円、所得税率が20%ならば、
(5万円-2千円)× 20%=9,600円が所得税の還付金です。
これは、確定申告をすれば、指定した口座に帰ってきます。

住民税の控除は、(寄付額ー2千円)×(100%-所得税率)で計算されます。
もし、寄付額が5万円、所得税率が20%ならば、
(5万円-2千円)× 80%=38,400円が住民税の還付金です。
これは還付金として戻るのではなく、来年度の住民税が割引になることで還付されます。



整理してみましょう。

<所得税>
還付額 = (寄付額ー2千円)× 所得税率
※指定口座に入金

<住民税>
還付額 = (寄付額ー2千円)× (100%-所得税率)
※来年度の住民税から割引


二つを合わせると、
還付額 = 寄付額ー2千円
となるわけです。


所得税率が高い方は、所得税からの還付が多くなります。
所得税率が引く方は、住民税からの還付が多くなります。

下の表は、国税庁のページにある所得税率の表です。

所得税率

最大でも45%なので、半分以上は住民税の還付として戻ってきます。
確定申告をすると、色々と勉強になりました(*・ω・)ノ




スポンサードリンク