2014年に始まったNISA。
私は少し出遅れて2015年から利用しています。

NISAの非課税期間は5年間ですので、今年2019年は2015年購入分の最終年になります。

非課税期間が終わると、課税口座に移管するか、ロールオーバーするかを選択することになります。
私の場合、つみたてNISAに移行しているので、ロールオーバーは選択肢にありません。
そのため、このままですと、課税口座に移管することになります

折角のNISAですので、最大限節税効果を利用するため、非課税期間の2019年中に売却して、利益確定するのが良さそうです。

問題は、どのタイミングで売却するかですね。
売却時に株価が高ければお得ですが、売却時に下落していたら残念。

投資や資産運用をどのように終了させるかを「出口戦略」と言いますが、まさに出口戦略を立てる必要がありますね。。。


選択肢としては。。。
  1. 利益が出ている今のうちに売却
  2. 配当金権利確定後の3月末に売却
  3. 決算発表後の5月〜6月に売却
  4. それ以降に売却
どれが良いでしょうか?
2019年の景気動向の見通しによりますね。
上昇期待があるならば3番4番が良いですし、悲観的ならば1番2番が良いです。

その辺りを判断材料に考えてみます。


スポンサーリンク