バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)は、アメリカの高配当株で構成されています。
そのため、分配金の利回りが高く、人気です。

私も分配金・配当金を増やすことを第一目標にしているので、VYMを保有しています。
コロナウイルスで株価は大きく下がっていますが、
分配金や配当金はそこまで大きく下がらないだろうと考えています。

しかし、今月の分配金で気になることがあったので、整理してみました。
下のグラフは、VYMの分配金の推移です。

VYM分配金_2020年3月18日

直近の2020年第1期が大きく下がっています。
この原因として、コロナウイルス等の経済状況による配当減少の可能性も考えられます。

しかし、2020年第1期から配当金支払い開始が早まったことが影響しているかもしれません。
これまでは3月28日や12月27日でしたが、今回は3月13日となっています。
そのため、通常よりも半月ほど期間が短いので、分配金も割引されているかもしれません。


後者の原因であれば、特に問題はないですが、実際のところはどうでしょうか(*・ω・)ノ


スポンサードリンク