株式会社マーベラスの財務データをご紹介します。

1.PLデータ
まずは、PLデータです。
マーベラスPL

売上高は2016年3月決算までは増加していましたが、その後は減少しています。
営業利益・経常利益・純利益ともに、2018年3月決算では減少しており、成長期から停滞期に移りつつあるような印象を受けます。


2.配当データ
次に、配当データです。
マーベラス配当

配当金は、増配を続けており、2018年3月決算では33円となりました。
しかし、利益が増加していない状況下での増配であるため、配当性向は50%付近まで上昇しました。



3.BSデータ
次に、BSデータです。
マーベラスBS
総資産・純資産ともにやや増加傾向です。
株主資本比率は、高水準を維持しており、2018年3月決算では70%を超えております。


4.CFデータ
次に、CFデータです。
マーベラスCF

営業CFは大きくプラス、投資CFはマイナス、財務CFはマイナスとなっております。
本業でお金を稼ぎ、投資や借金返済に回すという理想的な資金繰りと言えるのではないでしょうか。
また、フリーCFは常にプラスになっています。

しかし、2018年3月決算では、営業CFのプラスが小さくなったため、投資CFのマイナスも小さくなっています。
将来への投資の必要性は事業計画に応じて変わるものではありますが、もし資金不足のために、投資活動が制限されているとすれば心配です。


5.まとめ
ここ2年間は売上高が減少しており、2018年3月決算では利益も減少しております。
増配はしておりますが、将来も売上高や利益が減少し続けると、増配が困難になる恐れがあります。
2018年3月決算での投資CFが少なかった点が気になるところです。

スポンサードリンク