株式会社大林組の財務データをご紹介します。


1.PLデータ
まずは、PLデータです。
大林組PL

売上高は、やや増加傾向です。
営業利益・経常利益・純利益ともに、2017年3月決算までは増加しましたが、2018年3月決算では増加がひと段落した感じです。


2.配当データ
次に、配当データです。
大林組配当

配当金は、2017年3月決算まで増加を続け、2018年3月決算では28円となっています。
配当金は増加していますが、純利益も増加しているため、配当性向はやや低下傾向です。
2018年3月期末決算での配当性向は22%であり、高くない水準です。


3.BSデータ
次に、BSデータです。
大林組BS

総資産・純資産ともにやや増加傾向です。
株主資本比率は上昇しており、2018年3月決算で30%程度となっています。
業界的な特徴かもしれませんが、高くない印象です。


4.CFデータ
次に、CFデータです。
大林組CF

営業CFはプラス、投資CFはマイナス、財務CFはマイナスとなっております。
本業でお金を稼ぎ、投資と借金返済に充てるという理想的な資金繰りとなっています。
2015年3月決算以降は、フリーCFがプラスとなっています。


5.まとめ
2017年3月までは売上高も利益も増加を続けていましたが、2018年3月では大きな増加とはなりませんでした。
配当金は増加傾向ですが、配当性向は30%程度と低いので、まだ増配の余地はありそうです。
今後、売上高と利益がどのように推移するかに注目です。
スポンサーリンク