資産運用を始めると、世の中には色々な種類の投資があることに気づかされます。
今、思いつくものを書き出していくと・・・
  • 日本株
  • 外国株
  • 債券
  • 投資信託
  • ETF
  • RIET
  • 貴金属
  • 不動産
  • 外国為替
  • 仮想通貨
  • 太陽光発電
上記以外にも、まだまだ投資の種類があると思います。


資産運用の情報にアンテナを張っていると、テレビ・雑誌・インターネットなどで「あやしそうな」資産運用方法に出会うことがあります。

私はインカムゲイン狙いの堅実な運用を心がけていますので、「あやしそうな」話に全力で飛びつくことはしていません。
しかし、資産運用自体に興味があるので、どんな運用方法なのかは気になり調べることがあります。

ただ、あやしそうな話の場合、調べてみても詳細な情報は載っていないことが多いです。
怖いもの見たさでちょっと覗いてみたくなる。
でも、情報はない。


そんなとき、たまたま本屋で見つけたのが、こちらの本です。
あやしい投資話に乗ってみた
藤原 久敏
彩図社
2016-12-20


筆者はファイナンシャルプランナーの方です。
「あやしい」と分かりつつ、あえて投資話に乗ってみた。
そして、どんな結末になったのかを体験談として読ませてくれます。

「あやしい投資話」として、7種類の話が出てきます。
  1. 未公開株
  2. 新規公開株
  3. 和牛オーナー
  4. 海外ファンド
  5. 超高金利の銀行預金
  6. 新興国通貨
  7. 先物取引
筆者ご自身の体験ですので、どれも臨場感が伝わってきます。
そして、どの話も面白く、あっという間に読み終えてしまいました。
「投資の勉強」とか、「自分の投資を見直す」とか、難しいことは置いておいて、単純に体験談として面白いです。

もちろん、「世の中には色々な投資話があるんだなぁ」という勉強にもなります。
節約と資産運用の息抜きに、読んでみてはいかがでしょうか?





スポンサーリンク