三菱ケミカルホールディングスの財務データをご紹介します。


1.PLデータ
まずは、PLデータです。
三菱ケミカルPL
売上高は減少傾向でしたが、2018年3月決算では増加に転じています。
営業利益・経常利益・純利益の各利益は増加傾向です。



2.配当データ
次に、配当データです。
三菱ケミカル配当
配当金は増加傾向で、2018年3月決算では32円と大幅に増加しました。
純利益が伸びているため、配当性向は低下傾向です。
2018年3月決算での配当性向は22%ですので、まだ増配の余地はありそうです。


3.BSデータ
次に、BSデータです。
三菱ケミカルBS

総資産と純資産は増加傾向です。
株主資本比率も上昇傾向です。

財務的な安定性は増しているようです。


4.CFデータ
次に、CFデータです。
三菱ケミカルCF

営業CFは大きくプラス、投資CFは大きくマイナス、財務CFはややマイナスです。
本業でお金を稼ぎ、投資に使うという資金循環ができているようです。
フリーキャッシュフローも毎年プラスになっています。


5.まとめ

売上も利益も増加傾向です。
配当金も増加していますが、配当性向は低くなっているので、継続性の点では安心感があります。
営業CFがプラスで、投資CFがマイナスという資金循環が毎年継続できており、資金循環も安定していそうです。


スポンサードリンク