皆様は奨学金を借りていましたか?
私も学生の時に、日本学生支援機構(昔の育英会)から借りていました。

合計302万4千円。

月々14,823円の204回払です。
204回払というと17年間。
完済時には40代ですね。



毎月の返済は固定費なので、何とか節約する方法はないかと調べていました。
そしたら、「報奨金」という制度を見つけました。



1.報奨金とは?

奨学金には、繰上返還という期日前に返還をする制度があります。
一定の条件を満たしている場合、繰上返還をすることで報奨金を受け取ることができます。

報奨金を受け取るための条件は、次の通りです。
  • 第一種奨学金(無利子)を借りていた。
  • 平成16年度(2004年度)までに貸与開始している。
  • 最終返還期日の4年以上前に全額繰上返還している。

例えば、2001年4月に大学入学し、2005年4月から返還を開始した人の例で見てみましょう。
奨学金返済

この人の場合、2004年度までに貸与を開始しているため、2つ目の条件をクリアしています。
もし2018年3月までに全額繰上返還をしたならば、3つ目の条件をクリアするので、報奨金対象となります。


2.どのくらいお得?

報奨金制度は、奨学金貸与が開始した年度によって、異なります。
報奨金制度

1999年度以前に貸与開始となった方は、全額繰上返還額の10%です。
もし200万円を全額繰上返還した場合、20万円が報奨金としてもらえます。


私は216万円を全額繰上返還したとき、5%に該当しました。
そのため、約10万円の報奨金を受け取りました。

216万円を銀行預金していても、200円程度の利子しかもらえません。
そのことを考えると、同じお金で10万円もらえるのはお得です。


3.報奨金よりもお得な運用は?

私は216万円を全額繰上返済し、10万円を受け取りました。
しかし、216万円を返還に使うと、当然別の用途には使えなくなります。

216万円の使い方として、もっとお得な方法はなかったでしょうか?

例えば、216万円で株を購入し、230万円で売却できたら、14万円の利益になります。
つまり、繰上返還をして報奨金10万円をもらうよりも、お得な使い方です。



私は全額繰上返還を選択しましたが、今さらながら、別のお得な方法もあったかなと思います。
  • 配当利回り5%以上の株を買う。→5%はあまりないので、現実的でない。
  • 配当利回り3%の株を買い、2年間配当をもらう。→2年間で約13万円の配当が期待できます。
  • 配当利回り2%の株を買い、3年間配当をもらう。→3年間で約13万円の配当が期待できます。
5%の配当はあまりないので現実的ではないですが、下の2つは現実的です。
もちろん株価が値下がりするリスクはありますので、13万円の配当を得たが、20万円値下がりしたという事態も起こります。


その点、報奨金は確実に10万円がもらえるので、資産運用としては堅実な方法と言えます。

報奨金制度を利用する際は、「お金をどう使うと得するか?」という資産運用の考え方が必要です。
報奨金制度を利用できる方はご検討ください。


スポンサードリンク