節約と資産運用を考えるブログ

将来のために、節約と資産運用をはじめました。 まだまだ勉強中ですので、誤った情報があると思いますので、ご注意ください。

企業の財務諸表

2018年6月時点では配当利回りが4%を超えている、みずほフィナンシャルグループの財務データをご紹介します。



1.PLデータ

まずは、PLデータです。
みずほPL

売上高は増加傾向ですが、利益は減少傾向です。
2017年3月決算で利益が減少しています。
決算短信に記載されている損益計算書を見ると、経常収益が+2%に対して、経常費用が+15%と大きく増加しています。
経常費用の中でも、「資金調達費用」が増加しているようです。


2.配当データ

次に、配当データです。
みずほ配当

配当金は2015年3月に増加して以降は、7.5円を継続しています。
利益が減少しているため、配当性向は上昇しています。



3.BSデータ

次に、BSデータです。
みずほBS

総資産は増加傾向です。
金融業界では株主資本比率が低くなりやすいため、みずほフィナンシャルグループも4%です。


4.CFデータ

次に、CFデータです。
みずほCF

営業CFはプラス、投資CFはプラス、財務CFはほとんどゼロという傾向です。
決算短信に記載されているCFを見ると、「有価証券の取得による支出」が多く、投資CFがマイナスになったようです。



5.まとめ

大手銀行のみずほフィナンシャルグループ。
配当利回りは高めですが、利益が減少している点が気になります。

昔は銀行を通してしか資金を集められないという状況でしたが、
近年はフィンテックの発達により、様々な資金調達手段ができてきました。
そのような環境で、銀行業がどのように売上と利益を高めていくかに注目です。





新薬開発を事業としているバイオベンチャーと呼ばれる企業があります。
新薬開発には時間と費用が必要となりますが、開発に成功すると特許や薬品売上の収入が継続するため、大きな利益が期待できます。

バイオベンチャーの中には、大学の研究室で生まれた研究成果を事業化した、大学発ベンチャーもあります。
アンジェス株式会社は大阪大学での研究成果から医薬品開発に取り組んでいます。
本日はアンジェス株式会社の財務データをご紹介します。




1.PLデータ

まずは、PLデータです。
アンジェスPL

売上高は減少傾向です。
利益はマイナスが続いています。




2.配当データ

次に、配当データです。
アンジェス配当

配当金はゼロが続いています。
まだ利益が出ていないので、配当は当然なしです。



3.BSデータ

次に、BSデータです。
アンジェスBS

総資産・純資産ともに減少傾向です。
2014年12月決算に総資産が増加していますが、株式を発行して現金を得たことが原因です。
「当連結会計年度末の総資産は81億83百万円(全連結会計年度末比42億79百万円の増加)となりました。主に、ライツ・オファリングの実施による増資に伴い、現金及び預金が42億22百万円増加しております。」
「平成26年12月期 決算短信」、5ページより引用。


4.CFデータ

次に、CFデータです。
アンジェスCF

営業CFはマイナス、投資CFはほとんどゼロ、財務CFはプラスという傾向です。
医薬品の研究開発段階のため、財務活動で資金を集め、開発に資金を使用しています。
2017年12月決算では、「新株予約権の行使による株式の発行による収入」が財務CFのほとんどを占めています。



5.まとめ

利益はマイナスが続いています。
株式発行による収入により資金を集め、研究開発に投入しています。

株式発行による収入が続く限りは、研究開発を継続できます。
株式による資金調達がどこまで継続できるかが気になります。




日本経済に大きな影響を与える日本銀行。
日本銀行は株式会社ではないですが、財務諸表を作成しています。

この記事では、日本銀行の財務諸表をご紹介します。


1.PLデータ

まずは、PLデータです。
日本銀行PL

経常利益と純利益は2016年3月決算に減少し、その後は増加傾向です。
2018年3月決算で最も多い収益は「国債利息」で、経常収益の66%を占めています。




2.BSデータ

次に、BSデータです。
日本銀行BS

総資産は増加傾向です。
純資産は少なく、総資産に対する比率は1%未満です。

2018年3月決算で最も多い資産は「国債」で、総資産額の85%を占めています。
また、「信託財産株式」、「信託財産指数連動型上場投資信託」、「信託財産不動産投資信託」といった有価証券が17兆3,928億円計上されています。


上記3種類の資産の推移は、下記のようになっています。
日本銀行BS内訳
上場投資信託が急増しています。
日銀によるETF買い入れ額の増加がニュースになっていますが、その結果ですね。

この買い支えがなくなった場合、株式市場への影響がどうでるかは懸念事項です。





医薬品製造の企業は、製品開発までに時間がかかります。
しかし、開発に成功すると、特許や薬品売上の収入が継続するため、大きな利益が期待できます。

この記事で紹介するカイノスは、体外診断用医薬品の開発・販売を行っています。
体外診断用医薬品とは、病気などの診断をする際に使用する医薬品のようです。
患者の血液を採取し、体外診断用医薬品を使用して、病気の診断をするような感じでしょうか?




1.PLデータ

まずは、PLデータです。
カイノスPL

売上高は減少傾向です。
利益は2017年3月決算までは増加傾向でしたが、2018年3月決算では前期決算とやや減少傾向となりました。




2.配当データ

次に、配当データです。
カイノス配当

配当金は2015年3月に増加して以降は、12.5円を継続しています。
配当性向は10%台と低めです。



3.BSデータ

次に、BSデータです。
カイノスBS

総資産は停滞傾向で、純資産は増加傾向です。
そのため、株主資本比率は上昇傾向です。


4.CFデータ

次に、CFデータです。
カイノスCF

営業CFはプラス、投資CFはマイナス、財務CFはマイナスという傾向です。
本業でお金を稼ぎ、投資と借入金返済に回すという資金循環になっています。

2018年3月決算で投資CFが大きくマイナスとなっている要因を調べたいところです。
しかし、カイノスの決算短信にはCFの詳細がなかったので、不明でした。



5.まとめ

高齢化社会を迎える日本では、医薬品の需要は高まっていくと予想されます。
医薬品開発・販売を行うカイノスも売上が増加しています。

しかし、詳細な財務諸表が見つからなかったため、詳細は不明な点が多いです。
もし見つかりましたら、また追加情報をまとめようと思います。





2018年6月時点では配当利回りが4.2%となっている、UEXの財務データをご紹介します。
株式会社UEXは、ステンレス・チタン商社として活動しています。



1.PLデータ

まずは、PLデータです。
UEXPL

売上高・利益ともに、増加傾向です。
特に、2018年3月決算で急増しています。

売上高と営業利益が伸びている点からもわかるように、本業の成績が好調だったことが伺えます。
「2018年3月決算説明会資料」によると、ステンレス販売数量は5.6%増加、販売単価は7.5%上昇したようです。

ステンレス・チタンの市場が好調だったため、2018年3月決算は大きく成長しました。
今後どうなるかは、市場に依存する部分が大きそうでしょうか。
ステンレス・チタン市場の動向には詳しくないので、何とも言えませんが、
決算短信を見ると、2018年3月決算と同程度の利益を見込んでいます。
「親会社株主に帰属する当期純利益1,000~1,200百万円を予想しております」
「平成30年3月期 決算短信」、4ページより引用。




2.配当データ

次に、配当データです。
UEX配当

配当金は増減をしています。
2018年3月決算では31円に急増しました。

配当性向は2016年3月決算に純利益が減少したため、上昇しました。
しかし、その後は30%台に低下しました。

ÙEXでは連結配当性向30%程度を基準としているので、配当の継続性については利益次第となります。

「連結業績に応じた利益配分の指標としては、連結配当性向30%程度を基準としております。」
「平成30年3月期 決算短信」、4ページより引用。
今後のステンレス・チタン市場の動向がどうなるかですね。


3.BSデータ

次に、BSデータです。
UEXBS

総資産・純資産ともに増加傾向です。
株主資本比率もやや上昇しています。

2018年3月決算では、利益が大きく増えたこともあり、資産額も大きく増加しました。


4.CFデータ

次に、CFデータです。
UEXCF

営業CFはプラス、投資CFはマイナス、財務CFはマイナスという傾向です。
本業でお金を稼ぎ、投資と借金返済に充てるという資金繰りになっています。

2018年3月決算では財務CFのマイナスが大きくなっています。
これは借入金返済が原因のようです。
「財務活動によるキャッシュ・フローは、長短借入金の返済のよる支出などにより、1,824百万円の支出となりました。(前連結会計年度は177百万円の支出)。
「平成30年3月期 決算短信」、4ページより引用。

長短借入金が減少しているので、支払利息減少の効果が期待できます。



5.まとめ

ステンレス・チタン市場の好況を受けて、2018年3月決算では売上高と利益が大きく増加しました。
利益が増加したため、配当金も増加し、31円となりました。

決算短信では次年度も同程度の利益を見込んでおり、その通りになれば、配当金も維持される可能性が高いです。
しかし、現時点で配当方針である配当性向30%となっているため、利益が減少すれば減配の可能性が高いです。

結局、ステンレス・チタンの売上次第ということになります。





↑このページのトップヘ