節約と資産運用を考えるブログ

将来のために、節約と資産運用をはじめました。 まだまだ勉強中ですので、誤った情報があると思いますので、ご注意ください。

資産運用の方法

12月になり、株価の下落が続いています。
12月終わりに、少しだけ上昇しましたが、
私の資産の時価は、12月だけで149万円下落しました。

内訳を見ると・・・
日本株やJ-REITの下落が、29万円。
米国株や米国ETFの下落が、115万円。
投資信託の下落が、5万円。


夏から秋にかけて、米国ETFを多く購入したので、
米国市場の影響が大きいです。


10月には102万円下落しましたが、
11月には53万円上昇していました。
そして、12月は149万円下落。

2018年の第4四半期で、約200万円の下落。
2019年はどうなるでしょうか?




12月になり、株価の下落が続いています。
私の資産の時価は、12月だけで129万円下落しました。

内訳を見ると・・・
日本株やJ-REITの下落が、34万円。
米国株や米国ETFの下落が、92万円。
投資信託の下落が、4万円。


10月には102万円下落しましたが、
11月には53万円上昇していました。
そして、12月は129万円下落。

2018年の第4四半期で、178万円の下落。
どこまで下がるでしょうか???


楽天カードで投資信託を購入すると、1%のポイント還元があります。
単純に考えると、利回りが1%上昇することになります。
資産運用において、利回り1%の差は大きいです。

ということで、私も12月3日に楽天カードで下記の投資信託を購入しました。
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
楽天カードのポイント還元上限が5万円なので、それぞれ2万5千円積み立てています。

どちらも米国株式で運用する人気のファンドです。
楽天VTIが米国株式のほぼ100%をカバーするのに対し、
S&P500では米国の大型株500社を対象としているようです。


取りあえず同額を積み立ててみて、どのような差が現れるかを見ていこうと思います(。・ω・)ノ゙







最近、楽天経済圏とTポイント経済圏ができてきたように感じます。

楽天経済圏の特徴は、下記の通り。
  • ポイント:楽天ポイント
  • カード:楽天カード
  • ショッピング:楽天市場
  • 資産運用:楽天証券
  • 家電:ビックカメラ、ジョーシン
  • 電子マネー:楽天Edy

Tポイント経済圏は、下記の通り。
  • ポイント:Tポイント
  • カード:YJカード
  • ショッピング:ヤフーショッピング
  • 資産運用:SBI証券
  • 家電:エディオン
  • 電子マネー:PayPay

楽天ポイントを貯めている人は、
楽天カードで支払い、
楽天市場でネットショッピングをして、
ビックカメラまたはジョーシンで家電を買い、
楽天証券で資産運用をする。

Tポイントを貯めている人は、
YJカードで支払い、
ヤフーショッピングでネットショッピングをして、
エディオンで家電を買い、
SBI証券で資産運用をする。


こんな風に分かれているのではないでしょうか?


また、各支払や資産状況はビッグデータとして収集されているので、
その人の生活がすべて把握されていることになります。
前向きに理解すれば、その人に最適な情報が提供されることになりますので、
利用者は経済圏にどっぷりと入っていくことになります。


私の印象ですが、これまでは楽天経済圏が先行していました。
証券会社も持つグループ性を活かして、資産状況をも把握する手段を持っていました。
11月から始まった投資信託購入時の楽天ポイント還元により、資産状況の把握がより進んだのではないでしょうか?

しかし、Tポイント経済圏も猛追をしています。
ネット証券大手のSBI証券と提携し、資産状況を把握する手段を手に入れました。
元々楽天ポイントよりもTポイントのほうが日常的に使うことが多いので、
利用者数から行くとTポイント経済圏の方が大きいのではないでしょうか?


現在、楽天経済圏VSTポイント経済圏という様相を呈してきて、
お得なキャンペーンが色々と開催されています。
両陣営が競うことで、お得になるのは消費者。
市場経済の恩恵を受けておきましょう( ´∀`)つ



私はインカムゲイン狙いの資産運用をしています。

11月は株価が上がったり、下がったりとしています。
これまでのような上昇局面は終わり、停滞が続いています。
しかし、私にとって重要なのは、インカムゲインです。

11月にどれだけの配当収入があったかを集計してみました。

結果は、11,367円。

10月に比べると少なめですが、うれしいです。

今年の目標額、年間24万円まで12,000となりました。
12月で恐らく達成できそうです。



↑このページのトップヘ