節約と資産運用を考えるブログ

将来のために、節約と資産運用をはじめました。 まだまだ勉強中ですので、誤った情報があると思いますので、ご注意ください。

資産運用の方法

先日、確定申告をしました。
ふるさと納税の控除もしたのですが、所得税の還付金が少なくて、一瞬びっくりしました。

ふるさと納税というと、控除内でなれば、実質負担額は2,000円になります。
例えば、50,000円寄付すれば、48,000円の控除が受けられます。
しかし、確定申告で計算された所得税還付金は1万円程度となることがあります。

これは、ふるさと納税は、所得税と住民税の両方で還付されるためです。
確定申告で計算されるのは所得税の還付金です。
これは、(寄付額ー2千円)×所得税率で計算されます。

もし、寄付額が5万円、所得税率が20%ならば、
(5万円-2千円)× 20%=9,600円が所得税の還付金です。
これは、確定申告をすれば、指定した口座に帰ってきます。

住民税の控除は、(寄付額ー2千円)×(100%-所得税率)で計算されます。
もし、寄付額が5万円、所得税率が20%ならば、
(5万円-2千円)× 80%=38,400円が住民税の還付金です。
これは還付金として戻るのではなく、来年度の住民税が割引になることで還付されます。



整理してみましょう。

<所得税>
還付額 = (寄付額ー2千円)× 所得税率
※指定口座に入金

<住民税>
還付額 = (寄付額ー2千円)× (100%-所得税率)
※来年度の住民税から割引


二つを合わせると、
還付額 = 寄付額ー2千円
となるわけです。


所得税率が高い方は、所得税からの還付が多くなります。
所得税率が引く方は、住民税からの還付が多くなります。

下の表は、国税庁のページにある所得税率の表です。

所得税率

最大でも45%なので、半分以上は住民税の還付として戻ってきます。
確定申告をすると、色々と勉強になりました(*・ω・)ノ




株を始めると、色々な制度があることを知ります。
最近、貸株をはじめましたので、紹介します。


1.貸株とは?
貸株(かしかぶ)とは、自分が持っている株を証券会社に貸し出す制度です。
お金を貸したときに金利がもらえるように、貸株をしても金利がもらえます。

利回りは株によってそれぞれですが、高いものだと10%超、多くは1%くらいです。
全部の銘柄が貸株できるわけでなく、貸株されていない銘柄もあります。

貸株をしていると、配当金や株主優待がもらえない点は注意が必要です。
ただし、貸株の条件は証券会社によって異なるかもしれませんが、
貸株の中止はいつでもできるようです。
そのため、
  • 配当金や株主優待の権利落ち日だけ貸株を中止する。
  • 貸株を中止し、株を売却する。
ということは、自由にできそうです。



2.何で貸株金利がもらえるのか?

利回りが10%を超えるとなると、少し怪しい話のように聞こえます。
ということで、まずは、貸株の全体像を図にまとめてみました。

貸株
上の図の左側が貸株制度です。
株保有者が証券会社に株を貸し出します。
そして、証券会社から銘柄に応じた金額をもらいます。

なぜ証券会社は金利を払ってまで株を借りたいのでしょうか?
その理由が図の右側です。
信用取引をしているトレーダーは自分が保有している以上の株を売却することがあります。
そのとき、証券会社から株を借りて、売却をします。
そして、手数料を証券会社に払います。

証券会社は手数料を儲けることができるので、貸株制度で金利を払ってでも株を借りたいのです。



3.貸株のリスク・デメリット

図のような貸株制度の全体像が分かると、貸株のリスクも分かります。
証券会社が金利を払ってでも借りたい銘柄は、信用取引トレーダーが手数料を払ってでも売りたい銘柄です。
何かしら売却要因がある銘柄なので、株価が下落する可能性があります。
貸株制度を利用して金利として100円をもらっても、株価自体が100円以上下落している可能性もあります。

リスクやデメリットをまとめると、下記のような点でしょうか。
  • 貸株金利が高い銘柄は、株価下落しやすい銘柄?
  • 配当金や株主優待がもらえない。
  • 配当金に対する課税ではなく、雑収入に対する課税となる。
1点目は説明したとおりです。
ただし、貸株していても売却はできるので、金利を得るためのリスクをとるかという判断ですね。

2点目は配当金や株主優待がもらえない点です。
ただし、権利落ち日だけ貸株を中止することもできます。
また、配当金相当を金利としてもらえることもあるようです。

3点目は税金のデメリットです。
貸株金利は雑収入になるようです。
そのため、配当金相当の金利をもらっても、税金が多くなります。


こんな感じのリスクとデメリットはありますが、
頻繁に売却しない方には新しい収入源になるのではないでしょうか。




初めて確定申告をしました。
今回確定申告をした理由は、次の二つです。
  1. ふるさと納税
  2. 外国税額控除
ふるさと納税はワンストップ制度でもよかったのですが、
ついでなので、確定申告にしました。

外国税額控除は、米国株からの配当金が結構な額になりましたので、はじめてやりました。
還付は9千円程度でしたが、これから多くなってくると思うので、毎年続けていきます。


確定申告のイメージとして、
  • 書類作成が面倒
  • 平日に税務署に行かないといけない
  • 税務所が混んでて、待たされる
などなど良いイメージはありませんでした。

しかし、e-taxでの確定申告はすごく楽でした。
便利な点としては、
  1. 家で確定申告ができる。
  2. 慣れてくると入力が楽(作業時間2時間くらい、慣れれば1時間?)
  3. 還付金額をシミュレーションできる。
  4. 税の勉強になる。

3番が特によかったのですが、税金計算方法を選択できるような場合、
「総合課税だと〇〇円の還付」、「分離課税だと〇〇円の還付」というように、
送信前に計算結果が表示されます。

そのため、どちらがお得なのかが分かりやすいです。


また、4番目にあるように、確定申告をすることで、税金計算の勉強になりました。
これからも毎年することになるので、楽にできることが分かって良かったです。





私はインカムゲイン狙いの資産運用をしています。

2019年1月上旬は株価が下落、そして、下旬は上昇傾向となりました。
2017年のように、順調な値上がりは期待できないので、安定性の高いインカムゲインが楽しみです。


さて、2018年は1年間で27万円の配当収入がありました。
月平均にすると、22,500円。

2019年は30万円の配当収入を目指しています。
月平均にすると、26,875円。

目標に向けての第一歩、1月の配当収入は、25,345円でした。
目標値よりは低いです( -д-)ノ

特に、四半期の最初の月(1月、4月、7月、10月)は配当が多い月なので、
目標を下回っているということは、まだまだ元本が足らないということです。
2018年9月以降、積立投資以外は行っていないので、現金も増えてきました。
そろそろ新規でETFを購入しようかと思います(*・ω・)ノ




色々なポイントがありますが、Tポイント派と楽天ポイント派に分かれるのではないでしょうか。
私は両方利用していますが、基本的にはTポイント派です。

Tポイントを貯める1番の理由は、ウェルシアの1.5倍サービスです。
ドラッグストアのウェルシアでは、毎月20日、Tポイントを1.5倍で使うことができます。
150円の商品を買うと、普通は150ポイント必要になります。
しかし、20日は、100ポイントだけで買うことができます。
つまり、Tポイント払にするだけで、33%引きで購入できます。


先日の20日もコツコツ貯めたTポイントを使ってきました。
シャンプーや保存用食品など、いつかは買わなければならない消耗品を合計5,547円。
全部Tポイントで支払いました。

そのときのレシートがこちら。
レシート

合計5,547円ですが、使ったポイントは3,698円分だけ。
残りの1,849円分は、「感謝デー特別値引」となっています。
驚異の33%値引きです。


店員さんが二人いましたが、会計の時に笑っていました。
(☆゚∀゚)「いつもTポイント凄い貯めている人、ついに使ったわね(笑)」
「1,849円引きはすごすぎ(笑)」(´∀`*)
とかいう会話でもしてるのでしょうか(笑)



↑このページのトップヘ