節約と資産運用を考えるブログ

将来のために、節約と資産運用をはじめました。 まだまだ勉強中ですので、誤った情報があると思いますので、ご注意ください。

統計学

統計検定2級の勉強と並行して、放送大学の「統計学」も科目履修しています。
「統計学」の期末試験が今週末1月27日(日)なので、試験対策を始めています。

とはいっても、統計検定2級よりは簡単そうなので、少しサボっています・・・( -д-)ノ
テキストとノートが持ち込み可能。
授業内容も統計検定2級よりは範囲が広いですが、個別の内容は統計検定2級よりも簡単です。
歪度や尖度も出てきていません。

しかしながら、油断は禁物なので、期末試験日まで授業内容を整理しておこうと思います。




テキストを大まかに区分すると、
  1. 確率(確率計算・平均・分散)
  2. 確率分布と推定・検定(二項分布・多項分布・ポアソン分布・正規分布)
  3. 回帰分析・重回帰分析
  4. モデル選択
  5. ロジスティック回帰分析
  6. 主成分分析・因子分析
という感じです。

1~3は統計検定2級でも扱っている内容です。
1は単純な確率の計算。
ベイズの定理や平均分散などの公式が分かれば解けます。
テキスト持ち込みなので、どこに公式が書かれているかを覚えておけば大丈夫。

2は各分布を使った推定や検定の問題。
95%信頼区間の計算方法と、各種検定方法が分かれば解けます。
検定方法として記載されているのは、これらです。
  • ピアソンのカイ二乗統計量(多項分布での観測度数と期待度数の比較)
  • 散布度の検定(データにポアソン分布が適用できるか)
  • 正規分布での平均・分散の検定
  • 平均差・平均比率の検定
  • 一元配置分散分析
どれも統計検定2級で出てきました。
今回はテキストが持ち込めるので、意味や使い方だけを覚えれば大丈夫です。
具体的な公式はテキストを見ることができます。

3も単純な回帰分析の内容です。
パラメータの推定方法もテキストに記載されているので、覚える必要はないです。


さて、4~6が統計検定2級の範囲外。
これらも公式はテキストに記載されているので、覚える必要はありません。
しかし、使い方の注意点や結果の解釈は理解しておく必要があります。
試験当日までに、この辺りを重点的にまとめていこうと思います。(*・ω・)ノ



12月17日に統計検定のWeb合格発表がありました。
こちらの公式サイトに発表されています。

私も統計検定2級に合格できました( ´∀`)つ
成績優秀者は評価Sや評価Aにも受験番号が掲載されますが、
私の番号はなかったので、ギリギリ合格のようです。


合格水準は「100点満点で70点以上」とあります。
自己採点では、34問中25問正解でした。
実際は点数調整がありますが、単純に100点満点換算をすると、73点です。
ギリギリですね( -д-)ノ


これから受験される方の参考になるかと思い、
「統計学」カテゴリーに統計検定の記事をまとめてますので、
よかったらご参照ください。





2018年11月の統計検定2級で、予想外に出題された歪度と尖度。
過去問では出題されていなかったので、完全にスルーしていました。
悔しさの残るこのタイミングなら、勉強のモチベーションも高いので、まとめておきます。


歪度は分布が左右のどちらに偏っているかを示します。
もし歪度がマイナスならば、左に裾の長い分布。
もし歪度がプラスならば、右に裾の長い分布。
もし歪度がゼロならば、左右対称の分布。



次に、尖度です。
尖度は分布の尖り具合を示します。
正規分布を基準としているので、正規分布の尖度はゼロとなります。
尖度がプラスならば、正規分布よりも尖った分布。
尖度がマイナスならば、正規分布よりも丸みを帯びた分布。


以上のことを覚えていると、先日の統計検定2級の問題も解けそうです。
悔しい〜(´・ω・`)



統計検定2級の試験が終わりました。
前回の試験ですと、2〜3日後には解答速報が出るみたいですね。
どれくらい正答できてるでしょうか?
問題用紙は持ち帰ることができるので、自分の解答をメモしとけば良かったです。

過去問と比べて、予想通りだったこともあれば、予想外だったこともありました。

こちらの記事でも書いたように、「グラフの読み取り」、「確率や推定の計算問題」、「応用的な検定」という大きな構成は過去問通りでした。

問題の種類としては、「応用的な検定」が出力結果の解釈に重点を置いた感じになっていました。
また、「確率や推定の計算問題」では、より数学的な内容になっている印象を受けました。
「次のときpを最大にするaを求めよ」という感じの問題です。
問題をときながら高校生のときの数学のテストを思い出しました。

意外だったのが、モーメント問題です。
歪度と尖度についてガッツリ3問出題されました。
完全に勉強漏れでした。


さて、結果はどうでしょう???


統計検定の試験日が迫ってきて、緊張してきました。
緊張してくるのは、それだけ手ごたえがあるということなので、良いことだと思います。
しかし、緊張しすぎると普段の実力が出せないので、困ります。


そこで、統計検定の緊張を和らげる方法(?)を見つけましたので、ご紹介します。


いきなりネタ晴らしですが、こちらのCBT方式の試験です。


統計検定2級と3級については、年に3回だけ行われる一斉試験だけでなく、
全国の会場で順次開催されるCBT方式の試験もあります。

受験料は7,000円と少しお高めですが、一斉試験で不合格しても、何度も再チャレンジできます。


どんな試験でも、年3回開催が多いので、
「この試験に不合格したら4か月は再チャレンジできない」という状況です。
この状況が緊張の最大の原因ではないでしょうか。

仕事から帰ってきたら、机に向かって試験勉強。
土日も遊ぶ時間を削って、試験勉強。
分からない問題にぶつかって、やる気がなくなる。
でも、気を取り直して、勉強を続ける。

「こんな状況をまた4か月続けたくない」という思いが緊張を生み出していると思います。


CBT方式であれば、お金さえ払えば、4か月待たずに受験できます。
「試験当日うまくいかなくても、CBT方式で再受験すれば良いか~」くらいで考えると、
緊張も和らぎそうです。
ある意味、お金の有効活用ではないでようか( ´∀`)つ



↑このページのトップヘ